先生フットサルも好きなんです

バスケも好きですがフットサルも好きです。

11人制のいわゆるサッカーとバスケでは、球技といえど種目は違いますが、フットサルは5人制ということもあり、目まぐるしく好守が変わるところでいえば、かなりバスケに近い競技だと思っています。

フットサルの存在は知っているけど、くわしいルールはよくわからない。

そんな方もいるかと思いますので、少しだけかいつまんでルールを説明してみますね。

先ほどお話しした通り、1チームの人数は5人です。

ゴールキーパーのほかは、ピボと呼ばれるトップに1人、その後ろに2人、ゴールキーパの前に1人の4人でダイヤのような配置を取るのが一般的な陣形です。

基本的にはサッカーのルールが適用されますが、違う点はオフサイドがないこと。

スローインが足でおこなうキックインだということ。

大きな点はこの2点です。

プレイで違うのはトラップは足の裏で止めて行います。

これはサッカーと違い、コートが狭いため、トラップした先で相手にカットされないように足元にボールを納める方法なのです。

サッカーであればなるべく相手がいないスペースにトラップをして広くコートを使おうとしますが、それとは違う条件のために使う戦法なのです